婚活のきっかけ

パーソナル

人生の転機になった婚活を
始めたきっかけについて触れたいと思います。

32歳になった春、
人生このままで良いのかと悩み、
結婚について真剣に取り組もうと
一気に思い立ちました。

婚活といっても手軽なものから
真剣なものまで色んな種類があります。
自分も婚活当初は合コン、街コン、
お見合いパーティーなどに参加してました。

しかし、回数と経験を積んでも、
どれもこれもうまくいきません。
次のステップに進む事もなかなかないし、
結婚なんて遠すぎると感じました。

そんななかで、
お見合いパーティーの後に声をかけられ、
本気で婚活をするならと結婚相談所の
会員入会をオススメをされました。

当時の結婚相談所に対するイメージは、
・結婚できない人が最後に選択する手段
・お見合い相手と必ず結婚しなければならない
という勝手なイメージがありました。

自分自身の考えとしても、
・ある程度の交際期間を経て結婚したい
・急いでいると思われるのは嫌だ
・知人にバレるのは嫌だ
・自分が利用するにはまだ早いんじゃないか
という考えもあり、その日はお誘いを
断って帰りました。

とはいえ、このまま年齢が上がり、
出会いのチャンスが減り、
結婚に不利になることはあっても、
状況が良くなることはあるのだろうか?
と考えました。

友人は結婚し、子供ができていく中で、
友人からの紹介や出会いは減っている。

出会いの場に行って、友達が増えて、
LINEのリストは増えるけど、
結婚までのステップは全く見えない。

自分も友達のように家族を作って幸せを
築いていきたいという気持ちはある。

ずっと独りで生きていくのは嫌だと
なんとなく気付いている。

そんな想いを経て、1週間後には
結婚相談所に入会することを決めました。

結婚相談所の特殊なルールとしては、
・お見合いをして両者OKなら即交際スタート
・複数人と交際してOK
・交際したら3ヶ月以内に結婚の判断する
という点が通常とは異なる独自ルールです。

独特な婚活ルールとはいえ、
参加している人達はみんな真剣です。

当初のイメージとはかなり異なり、
選択の自由があり、
システムとしてはとても
効率的な仕組みでした。

全国で毎日40〜60人くらいの
結婚希望の女性が登録をしています。
関東では平均20人くらいの登録があるので、
毎月600人くらいの女性を紹介されている
のと同等の仕組みです。

自分の場合、
婚活期間は約20ヶ月で、
少なくとも10,000人超の
女性のプロフィールをチェックし、
200人くらいのお見合いの申請をし、
100人くらいからお見合の申請を受け、
48人とお見合いをし、
結婚という結果に至りました。

47敗1勝ですが、
それでOKなんです。

けっこう長くて、
大変な事もたくさんある
活動期間でした。

婚活で大切なのは、
・結婚して幸せになると決めること
・立ち止まらず継続すること
だと思います。

そして、一緒に伴走してくれる
カウンセラーは何よりも
大切な存在だと思います。

活動期間中の経験とか、大変だったことは
別の記事に書こうかと思います。

Comments

comments

関連記事一覧