ECサイトを作る① クレジットカード決済の検討[Amazon Pay]

セミナー

お買い物ができるECサイトを作るにあたって、
検討した事とかを書いていこうと思います。

今後、ECサイトを作ろうとしている人の役にたてれば幸いです。

クレジット決済への憧れ

最近は、ホームページも簡単に作れるようになったし、
SNSを利用すれば集客も簡単にできるようになっています。

もちろん、対面での現金回収や、銀行口座への振り込みも
決済手段としては有効ですが、
販売側もお客様も、少々手間がかかる所が難点です。

現金回収だと、おつりとかでミスが起こらないように気を使うし、
銀行振り込みは、ネットバンクを利用していればまだ良いものの、
銀行窓口まで行ってたらとっても手間がかかる。

売上げの成約率を最大にしたいので、
クレジットカード決済ができるような
サイトを作ってみようと思いました。

調べてみると、クレジットカードの決済会社は
ほんとにたくさんあってビックリしました。

名前を聞いたことのある大手から、
まったく聞いたことのない会社までたくさんあります。

とりあえず、売上げが上がるまで、
どれだけ期間がかかるかもわからないし、
費用は最小限に抑えたい。

加えて、お客さんが安心して利用できるように、
誰でも聞いたことがあって安心できる決済会社が
良いと思って調べてみました。

クレジット決済会社の検討

クレジットの決済サービスを利用する場合は、
当然有料となります。

処理手数料は安いに越したことはないし、
初期費用ゼロ、月額費用ゼロで
有名な所を探してみました。

候補として考えたのは、

・Amazon Pay
https://pay.amazon.com/jp

・クロネコWebコレクト
https://www.yamatofinancial.jp/wc/

どちらも聞いたことあるので、
お客さんにも安心して使ってもらえそう。

とくにAmazonは、
ほとんどの人が利用したことがあると思うので、
会員登録とかの手間がかからなくてとっても良さそう!

絞り込んだ決済システムの課題

ここで、この決済システムには少し課題が。。。

Amazon Payの場合、
法人じゃないと契約ができないとのこと。。。

クロネコWebコレクトは、
基本的に商品の発送が伴わないと利用できないとのこと。。。

イベントやセミナーの参加費の回収を考えているので、
クロネコさんはちょっと利用できない見込みが高いです。
※一応、営業さんと電話で確認してみたところ、
一定の条件を満たせば、検討の余地もあるとのことでした。

今回は、Amazon Payにとても魅力を感じたので、
法人名義で申込みをして審査を待っている状況です。

しかし、Amazon Payを使うとなると、
更なる課題が見つかりました。

サイトへの組み込みに関する課題なので、
調査が進んだらまた記事に書こうと思います。

次々と課題が出てきますが、
ちょっとずつ課題をクリアすることが楽しくもあります!

Comments

comments

関連記事一覧